通関士試験直前の独学短期一発合格への準備(1)前日までにすべきこと

final-check-list-for-examination

今回は試験前日にするべき準備について書いてみました。

目次

1.物品の最終調整
2.受験会場を調査
3.昼寝は20分
4.徹夜厳禁
5.祈りを済ませる

1.物品の最終調整

準備物品は1週間ぐらい前に1度目を通しておくといいですね。
忙しくて買いに行く時間がなくてもネットで簡単に注文できます。
1週間あれば、配送トラブルがあっても何とかなると思います。

ただ、物品はぶっつけ本番で使うのでなく、
普段から勉強で使いながら馴染んでおくことをおすすめします。

電卓のスペックは確認しましたか?

もしまだなら、以下の記事をご参照ください。

時計や電卓は電池切れがないか確認しましょう。
時刻もきっちりと調整して合わせておきましょう。

替えのバッテリーや、バックアップをもう1つ持っておくと安心です。

なお、準備物品はかばんの中身だけでなく、頭の先からつま先まで考えて装備を揃えておきましょう。

10月は全国的に20℃を切る地域が多くなり、
天候次第で肌寒い日もあるのではないでしょうか。

寒暖差の激しい時期なので、何枚か重ね着をして衣服の着脱で気候に対応できるようにしておいた方がいいですね。

激しい雨で靴が濡れてしまった場合は、靴下の替えを持っておくとずいぶん違います。

経験された方はご存知かもしれませんが、濡れた靴下は徐々に体温を奪う上に非常に不快です。

rain
降らずとも、折りたたみ傘ぐらいは用意をしましょう

山岳登山では、経験豊富なベテランでも、仕事が忙しくて装備をきっちり整えきれずに冬山で遭難してしまったという事例があります。

通関士試験では遭難はしませんが、電卓(電子計算機)を忘れた時点で「遭難したも同然」の気分になりますので、ご注意ください。

当日に「必要なものがない!」と慌てることは避けたいところです。

なくても現地調達(コンビニ)で済ませれば良いだけですが、電卓がコンビニなどで売っていなければ万事休すです。

くれぐれも、ご注意ください。

食事については、時間短縮や消化の良さからカロリーメイトやウィダーインゼリーで済ませるのもいいですが、ぶっつけ本番で実行して低血糖になってしまったというのでは意味がありませんよね。

チョコレートや饅頭などを併せて取ると、持続性があっていいという話も聞きますね。

普段の仕事で残業を遅くまでしていてパフォーマンスが落ちるのは、低血糖も大きな一因であると思います。

日ごろから会社でもブドウ糖食品や高カロリー栄養食、チョコレートといった間食を、どのタイミングで摂取すれば自分にとって一番効果があるのか知っておくと良いと思います。

そういった食事のことも踏まえて、
最終チェックリストも用意しましたので、参考にしてみてください。

https://tsukansi-rcs.com/brief-check-list-of-items-for-the-examination/

2.受験会場を調査

試験は、例年ほぼ10月上旬の日曜日に実施されます。

たいてい、10月の第1日曜日に実施されているようです。


ただし、平成30年(2018年)は第2日曜日に実施されています。

試験受験案内に書いてありますが、

試験場には試験開始30分前(午後9時)までに到着しなければなりません。

遅刻した場合は原則として入場は認めらません。

試験場まで厳密な所要時間の把握は事前にしておく方がよいでしょう。

私は、試験場と距離がある場所に住んでいたため、前日(土曜日)に前泊していました。そして、試験場周辺の土地勘がなかったため下見に行きました。

駅を降りてからバスに乗換えて、試験場の大学キャンパスに向かいました。
坂道が多い地形で、試験場最寄のバス停を降りてからも、かなりの距離の坂道を登った記憶があります。

(前泊される予定の方はこちらの記事をご覧ください。早めに予約しましょう!)

https://tsukansi-rcs.com/about-exam-accommodation/

スマートフォンのナビで時間の目安を知ることはできますが、
試験場までの道のりは実際に見てみないと分からないことがあります。

試験場となる大学のキャンパスの広さにも左右されるので、できれば事前に下見をしておく方がいいでしょう。

また、バス停の混雑を避けたいのであれば、最寄の駅から徒歩でいける範囲か確認して、当日は録音した受験対策でも聞きながら歩くのも良いかもしれません。

また、適度な運動をしておくことは、脳を活性化させるためパフォーマンス向上に繋がることは有名な話です。

ranning
パフォーマンス向上につながるとはいえ・・・

当日急に思い立ったように早起きしてランニングして
体調がおかしくなってもいけないので、模試の前に試してみてはいかがでしょうか。

3.昼寝は20分

これは、普段でも同じことが言えますが、昼寝は20分が最も効果的だそうです。

疲れがリセットされて、睡眠不足を解消する効果もあり、夜に不眠にならない時間だそうです。

横たわったりせず、机の上でつっぷして寝る方がいいそうです。

エビデンス(根拠)のある有名な話なので、興味があればグーグルで調べてみてください。

ただし、個人差があると思うので、普段からベストな仮眠の方法を見つけておくことも大事だと思います。

とにかく週末の仕事の疲れを土曜日にリセットして日曜にはそこそこの体調で挑めれば問題ないのではないでしょうか。

4.徹夜厳禁

「通関実務」という科目があるので、徹夜厳禁と言い切れます。

法律科目だけであれば、直前の徹夜での山掛けが見事功を奏するということもあるかもしれませんが、

ミスが増えることを考えるとやはりおすすめできません。

どの業界でも事故につながるようなミスは睡眠不足が原因ですので、絶対に避けるべきです。

遭難事故も睡眠不足が原因で起こることが多いようです。

眠れなくても目を閉じてリラックスして体を横たえているだけで、ある程度の肉体的な疲労は軽減されるそうです。

横になっていると肝臓の血流量がアップするので、お酒をよく飲む人は特に重要かもしれません。

もし、眠れなくてベッドでいらいらしてきたら、ソファや椅子に座ってゆったりとした気持ちで過ごすことで、眠くなることもあります。

寝る前にサウナに入るのはいかがでしょうか。心も身体もリセットできていいかもしれません。

また、温泉やサウナで体の芯まで温まった後は、眠りにつきやすいかもしれません。

自然で良質な睡眠につくには、深部体温を上昇させることが重要という事は有名です。

私は、ドーミーイン・ホテルが好きなのでよく利用させてもらっていますが、温泉とサウナがたいてい併設されているのでおすすめです。値段的にもリーズナブルだと思います。

5.祈りを済ませる

メンタル面強化のために何かの宗教に入信しましょう!とかいうことではありません。

「もし合格祈願に行かれるなら」というお話です。

迷っているなら、心残りのないようにしっかりと真摯な気持ちで参拝に行かれるほうがいいと思います。

purify-water

みなさんは、神社やお寺に行きますか?私はあの独特の雰囲気が好きでよく行きます。合格祈願も初詣に行った時にお祈りさせてもらいました。

ところで、みなさんは参拝はきちんとされていますか?

もし合格祈願に行かれるなら、この機会にきっちりと「参拝の作法」を見につけられてはいかかでしょうか?

合格祈願のお祈りに行く受験生として、そして、日本人としても、きっちりとした参拝を済ませて来られてはいかがでしょうか。

ルーティーンワークとは違いますが、この機会に、きっちりと参拝作法をこなしておくべきだと思います。

詳しくはこちらをご覧ください。「参拝の作法 – 東京都神社庁

また、神社仏閣に行くと、お祈りをされると思いますが、「お祈りの効果」が実際にあるということは、「ランドルフ・ビルド博士による実験」などでも良く知られています。

この件に関しては、自分の体験を踏まえて詳しく書いてみましたので、時間があればこちらを読んでみてください。

祈りの効果は科学的に実証されているので、あきらめずにどんどん祈りましょう。

神も仏も先祖も何もかも信じて祈る気持ちは、決して諦めない気持ちと同義だと思いませんか?

祈ることを止めた時に人は自分が良くなることを諦めるのだと思います。

みなさんが合格して良い年となりますことを心よりお祈り申し上げます。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

名前:スギモト 通関士試験(平成18年度)を6か月の勉強期間を経て短期合格しました。 通関士試験に短期で合格するための情報を集めてみました。 通関士試験合格を目指す方のお役に立てれば幸いです。